ホーム  次のページ »

遅ればせながら

気が付けば年もあけ2月になっていました。
ひとつ解決すればまた別のがという状態で、通院入院と縁の切れない日が続いてます。
一日も早くあれもこれもさっぱり片付けて、創作活動に本腰入れたいものです。
このひと月ニュースもさっぱり追えてなくて世界の流れについていけない…。
2017-02-02 : 雑記 :
Pagetop

Double_meの何か(番外)

Miiの冒険みまもりシミュレーション『Miitopia』、いつものようにDouble_meも対応。
各キャラのQRコードや設定見本はこちらでどうぞ。→ 



みんな仲良し口調な違和感を除けば、性格なんかはそれなりに反映できて楽しめます。
ただしスタート時だと選択したい職業が出てないキャラばかりなのが難点か。
2016-12-27 : Double_me : コメント : 0 :
Pagetop

挿絵に何を求めるか

前にも何かで触れましたが、文章物に挿絵をつける箇所はギリギリまで悩みます。
見たい場面と見せたい場面は必ずしもイコールではないし、絵になるか否かもしかり。
キャラ物なら、いろんなキャラを広く網羅するか、人気キャラ贔屓気味で行くか、とか。

ここで聞いても作業中のものに即反映というわけではないのが心苦しいのですが。
そんなのでよければ、この記事へのコメントないし拍手ボタンから回答・ご意見頂けると幸いです。
※匿名可、〆切なし、コメントの表示非表示は問いません

-----
Q.小説を読んでいて挿絵がほしい!と思うのはどんな時ですか?(3つまで選択可)
 a. 主要人物がその場にいなくても世界観や雰囲気の感じられるものがほしい
 b. 話の流れに関係なく文の量にあわせて平均的に入っているといい
 c. 主要人物が目立っている場面ならなんでもほしい
 d. 複数の主要人物がなんらかのやりとりをしている場面はほしい
 e. 文で触れられてないものやイメージしにくいものを補ってほしい
 f. その他(                                 )
2016-11-29 : 雑記 : コメント : 0 :
Pagetop

なんか

何かの拍子にパスワードリセットしてしまい、ここにログインできず七転八倒してました。まぬけ。





サークル宛に野郎フェス2017開催のお知らせメールが届いてました。
ああーいいなあ参加したいなあ。

昔に比べれば、遠方の方から反応を頂いたり送ったりする機会も手段も増えました。
作品も、交流も、触れるのをやめればすぐに薄れて消えていってしまう砂絵のようなものですが。
その砂の上に、ちょっと拾って大事にしてもらえそうな石のひとつでも残してみたいものです。
2016-10-29 : 雑記 : コメント : 0 :
Pagetop

Double_meの何か(54)

先日twitterで見かけてものすごく思い当たった話。
野郎ばかり描いてると、女性まで体育会系な骨格で描いちゃうとかいう。



↑のキャラも、気付いて描き直す前は肩幅が1.2倍くらいありました… orz
スワイドと並ぶと、一見普通に見えてたから危なかった。

続きを読む

2016-09-24 : Double_me : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

イージス


不正アクセス防止盾

最近記事+コメント

中の人

管理人

K'zです。

[pixiv]
[twitter]

サークルHP

月別アーカイブ

02  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08 

お約束

ブログ内にある全ての記事、画像等の無断引用や転載はお断りします。
Please do not reproduce without prior permission. If found, access from your country will be disabled, and we will have to introduce a password system to this blog.
参照元
『海外ファンサイト事情』

blog内記事検索

Digiket週間ランキング