« next  ホーム  prev »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

不足分

最近何か足りないな~と思ってたら黄忠の夢を見た。三国志の(蜀の)老将で弓の名手。
夢の中で自分は黄忠の配下として側に仕えていた。(夢の中の黄忠は)配下想いの頼れる爺様だった。
昔は好きでよく描いたが、夢にまで出てきたのは初めてだ。

記憶を頼りに久しぶりに落書き。
ジジイ.jpg
自分の中の黄忠イメージは天地を喰らうⅡのそれで止まってる。
ファミコン版もアーケード版もどっちも好きだった。
特に後者は大画面筐体で置いてくれてたゲーセンが駅にあったので、当時はそこに通い詰めた。
(そこで黄忠にいくら100円注ぎ込んだか分からない…呂布には一度しか勝てなかった)
家庭用に移植されたⅠもⅡも持ってるけど、「天喰ら」はやっぱり二人同時プレイが熱い。

ジジイついでにオヤジも。
オヤジ.jpg
twitterでスーツの話をちらほら見かけて落書きしたオリジナルオヤジ。暑いよね今だと。

…ああ、不足してたのはオヤジ成分にジジイ成分だったのか。
老け顔の青年じゃなくて、中年や老年の世代。
空き時間でどっちか清書したい。
関連記事
2010-06-20 : 落書き : コメント : 2 :
Pagetop
まさか
天地を喰らう好きとは
自分は張飛派でしたねー。というか三国志系のゲームは自然と張飛を選んでた気がしますわ。
しかし黄忠とは…渋いっすなぁ
2010-06-21 17:27 : 秋宮 URL : 編集
Re: 秋宮様
> しかし黄忠とは…渋いっすなぁ

原作では打ち切りで出番無かったですけどね…。
吉川英治版(≒横山版)三国志では黄忠&厳顔のジジイコンビのとこばかりにやにや読み返してました。
光栄版三國志だと、まず脇目もふらずに荊州辺りに行って在野の黄忠を捜しまくりです。
なんでこんなに黄忠に執着するのかは、自分でも謎です。
2010-06-22 01:46 : SantHeim URL : 編集
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

イージス


不正アクセス防止盾

最近記事+コメント

中の人

管理人

K'zです。

[pixiv]
[twitter]

サークルHP

月別アーカイブ

02  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08 

お約束

ブログ内にある全ての記事、画像等の無断引用や転載はお断りします。
Please do not reproduce without prior permission. If found, access from your country will be disabled, and we will have to introduce a password system to this blog.
参照元
『海外ファンサイト事情』

blog内記事検索

Digiket週間ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。