« next  ホーム  prev »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

遠い記憶

男に足蹴にされた乞食は無様に倒れ、それでも抱えた米袋を手放そうとしない。
否、蛇に睨まれた蛙の如く、袋を手放すことすら忘れ、恐怖に見開いた目で男を見上げていた。
乞食につかつかと歩み寄り、男は躊躇いなく腰の刀を抜き放つ。
「……こそこそと煩い鼠めが。この刀の錆にしてくれる」
「――待ってくれ!」
男に応えて助命の声を上げたのは、乞食ではなかった。
何処から現れたのか、一人の青年が駆け寄り、二人の間に割って入った。
「待ってくれ、斬らなくてもいいだろう?」
思わぬ闖入者に、それまで無表情だった男の太い眉が初めてぴくりと跳ね上がる。
「邪魔立てをするな……。どけ、死に急ぎたいか!」
言って、刀を青年へ向けた。
鼻先に刃の切っ先をぴたりと付けられながらも、青年は動こうとはしない。
悲しい眼差しで首を横に振り、口を開いた――。
前にちらと触れた、ミタテの例の回想場面をちょろっと文章にしてみた。
米繋がりで面白いし、喜び還元でこれをきちんと完成させてみるか……?

12/31追記。
『醜の御盾~』で当てた米10kgが届いたー。
091231.jpg
うん、やっぱ上のSSの続き書いてみよう。
関連記事
2009-12-30 : 雑記 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

イージス


不正アクセス防止盾

最近記事+コメント

中の人

管理人

K'zです。

[pixiv]
[twitter]

サークルHP

月別アーカイブ

02  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08 

お約束

ブログ内にある全ての記事、画像等の無断引用や転載はお断りします。
Please do not reproduce without prior permission. If found, access from your country will be disabled, and we will have to introduce a password system to this blog.
参照元
『海外ファンサイト事情』

blog内記事検索

Digiket週間ランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。